かゆいところに手が届いた!電子工作ならこの本がイイ!


スクリーンショット 2014-08-25 17.14.39

ハンダ付けやったことがありますか?

電子工作をはじめてやるときに、最適の本を見つけたので今日は紹介します。

今日は部活動で電子工作の基礎的なところで、
ハンダ付けのやり方を中学科学部で実施しました。

「ハンダ付けをやったことがある人いますか?」

と問いかけたところ、生徒はだれもやったことがなかったので、
全員が同じところからのスタートです。

用意したのは、基板と、抵抗、LED、導線、
それにはんだごてとハンダです。

ぼくも大学時代にハンダ付けをやって、
あまりの下手さに先輩にあきれられたのですが、
そこでハンダ付けの方法を細かく教えていただきました。

ひさしぶりに生徒といっしょにやってみると、
なかなかうまくハンダの山ができませんでした。

でもなれてくると、ちょっとずつ生徒のほうは
上達していきます。まずはハンダの練習で、基板の上のほうにハンダ付けの練習をしていきました。

スクリーンショット 2014-08-25 17.14.34

次に回路をつくっていきます。二人一組にしたので、
二人でやっている生徒もいました。

やはり女の子は手先が器用ですし、
また回路もきれいにつくるので、
はじめてとは思えないようなきれいな回路ができあがりました。

早く終わった生徒は、半導体を並列に接続して、
交流電源にして、順番に点灯させたりと、いろいろ工夫をしていました。

4つをくっつける生徒もでてきました。

また電圧をかけすぎてしまい、LEDがすぐに壊れているところもあって、
それもまた勉強になったようです。

思ったよりも生徒のくいつきがよかったので、
今後はLEDを点滅させたり、

また光センサーをつかって、
音楽をならせたりするキットをつかって、

工作をしてみようと思います。

このあたりがいいかな

さて、紹介の本ですが、こちらの「電子工作大図鑑」です。

スクリーンショット 2014-08-25 17.13.55

生徒にもこちらの本をコピーして指示をしました。

本の大きさは、A4サイズくらいでしょうか。
はじめの初級編はオールカラーで、ハンダの付け方のコツからのっています。

スクリーンショット 2014-08-25 17.13.59

これで2000円以内、1900円くらい?で買いました。
これはお得だしすごい安いと思います。

電子工作の場合、はじめの山は部品を買ったり、
またハンダ付けのやり方を学んだりですよね。

また本を見ながら作業をすることも多いとおもいますので、
大きさとカラー、値段、全て満足!

今までかった本の中で一番でした!

科学のネタ帳をお届けします

ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ。
メールマガジンはブログでは載せられない情報を配信しています。


 

フェイスブックやツイッターでは更新情報を配信しています。