教師とAppleWatchの相性の良さについて考えてみたいと思います

スクリーンショット 2016-03-29 23.24.37

皆さんはApple Watchもう買いましたか?既にお持ちの方には申し訳ないのですが、初代が出た時に電気屋で見たときに、何となくかっこ悪いなぁと思っていました。特に気になったのがその大きさです。私は手首が細いので、大きな時計をつけるとなんとなくねメカっぽくなってしまうんですよね。ロボコップのようになってしまって、似合いませんでした。

手首が太い方、特に外国人の方にはこのサイズ感は非常に良いと思っています。

ただ小さいサイズの38mmのApple Watchであればそこそこ様になるかな、腕にフィットするのかなあと思っていました。ただ小さいものにすると画面サイズも小さくなので操作がしにくくなるのかなと言うような、なんとなく不安な気持ちがあります。

そんなこともあり見送っていたのですが、ウェアラブル端末というものが気になっていました。中でも時計から通知をしてくれる機能というのが非常に気になります。例えばよく電車の中で本を読んでいるんですが、絵本を読んだときにメールなどが来るといちいちiPhoneを取り出して画面を見てしまいます。

その時につられて画面の中にあるニュースをみたりいろいろな他の作業してしまって時間つぶして、本が読めなくなってしまうことがよくありました。

しかしApple Watchを使えばそのようなことが全て手元の時計で済んでしまうので、本当に必要な通知や電話にだけ対応することができます。そのため電車の中での読書の時間が逆に長くとれるのかなと思いました。またAppleWatchによるiPhoneの電池の減りの速さも気になりますが、iPhoneの画面を見る時間が短くなれば、逆に長くなることだって考えられますよね。このあたり、使ってみないとわかりません。

その中でApple Watch越えついに注文してしまいました。

教員とってこのApple Watchがどのように使えるか、それを人体実験してみたいと思います。実は初代のiPadも私は実験台として買って、非常に残念な気持ちだったの覚えています。授業に持ち込んだのですが、もたもたしていて使い物になりませんでした。Apple Watchもそんな残念な感想よく聞くとあるのですが、教員が使うという観点たって、どうかなっていうの皆さんに皆さんにご紹介したいと思います。

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室・実験講演・実験講習会を開催しています 実験を通してワクワク・ドキドキする体験をしてみたい、幼稚園で科学工作などで遊...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。