水溶液に電流は流れるの?【実験】

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

今年は中学3年生を担当していて10種類の水溶液に電流が流れるのかどうか、また流れた場合は何Aくらいなのか?ということを調べる実験を行いました。電源電圧は6Vにそろえてあり、電極と接続をして、水溶液の中に電極をいれて調べていきます。

電極とのつなぎ方がうまくいかなくて苦労をしている生徒も多かったようです。ワニ口の+と−が接触しないように、電極につなげると指示をしたのですが、だいたいのミスはくっついているというものでした。回路というものをより意識させる必要があるなと感じました。

また電極をある溶液につけたら、その都度蒸留水で洗うということも大切な実験です。塩化銅を使ったので、塩化銅だけは前にきて洗うということを強く指示しました。

ぼくは中高時代から化学に苦手意識があるのですが、化学実験はとてもおもしろいですね。生徒といっしょに、これはついた?とか、何か電極についている?などと、いっしょに楽しみました。中学生を教えると、化学分野を教える機会もあり、刺激的です。中1〜中3までの理科1を教員になってから一応はすべて体験できて、小学校から中学、高校の理科のつながりを意識するようになりました。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから