初音ミクから考える!動画授業と著作権フリー問題集の夢


untitled-1418209-m

著作権フリーの問題集がほしい!

先日メールマガジンvol61で著作権フリーの問題集がほしいな〜なんていう内容を
配信しました。

先日、学校で動画作成講座を開きました。
おかげ様で無事、多くの先生方に参加して、そして動画を作成することが
簡単にできるということをワークショップを通じて体験しました。

その次の日から数人の先生方が、
早速、このまま動画を作って、生徒の学習に活用する先生もではじめてきました。

動画をつくっていくなかで、今話題になっているのが著作権の問題です。

授業では様々な教科でそれぞれの教科書会社の教科書や問題集を採用して、
使っているのですが、

生徒に宿題をだすのはそれらの問題からとなります。

「それらの参考書の問題を解説した動画を作りたい。
でも、著作権の壁があって、一般公開することはできない。

どうしたらいいの!?

これでは動画が活用できない!」

といった悩みです。

ぼくも答えはもっていなくて、いろいろ今どうすれば良いのかを考えています。

ぼくの場合は、自分で問題を作って
(いわゆる王道問題でどの問題集にも乗っているようなものですが)、
解説動画を公開しています。

物理の特性とすると、問題というのは他教科よりも簡単に作れますが、
やはり著作権フリーの定番問題などがそろっている問題集というものがほしい。

もし著作権フリーの問題集がもしあえれば、それらの問題を使って全国の先生方が
自分の口で、説明をして、自分が登場するような動画が作れるわけです。

生徒にとって、赤の他人が説明する動画よりは内容が同じなら、
やはり今日話していた先生が、動画でも教えてくれるというほうが、
興味付けとしては非常に大きいのではないかと思っています。

現場の先生が、となりで説明をしてくれるような動画があれば、
個別の生徒にとってみたら、

よくできた○HKの教育番組の動画のように、
しっかり出来た動画を超える可能性が多いにあります。

なんで著作権フリーの問題集が未だに実現していないのでしょうか。
もしそういったものがあれば、日本の教育環境がぐっと変化するな〜そうおもっています。

じゃあ例えば、「著作権フリーの問題集をつくろう!」といっても、教師が旗をふって、作るってのは難しいですよね。

そして問題を作ってくれる先生がそんなに多いとも思いません。
問題を精選する必要も出てくるかもしれません。

ボランティアで参加してくれる、
全国の先生方の先頭にたって、
交通整理をしないといけない。

どうすればいいのか・・・。

ここで最近気になっているのが、初音ミク方式です。

こちらの初音ミクのはやりについて、まじめにまとめが本があります。

初音ミクはなぜ世界を変えたのか?
柴那典

この「初音ミクはなぜ世界を変えたのか?」では、
初音ミクがなぜ流行っていったのか?について詳しく書いているのですが、
キャラクターの著作権管理をかなりゆるくして、

いろいろな方が使えるようにしていって、またその作ったものの2次利用も認めていくような、
そんなシステムが出来上がっていくのが初音ミクの流行るシステムとしてありました。

これを利用して、「改変自由ですよ~」って形で、
全国の先生方が自作の定番問題を、問題集プロジェクトサイトに投稿をする。

それはSNSになっている。

基本的には自由にそこにのっている教材は自由にダウンロードして、改変したりしていいが、

利用する場合には、その作ってくれた方に「ありがとう」という。

「いいね」ボタンみたいなものがついている。

「ありがとう」が多い問題は高い位置に表示される。

 

みたいなサイトです。まだ考え中ですが、動画授業を作るための足かせをはずしたいな~。

時間があれば、そんなサイトの開発に携わってみたい。

そうしたら、もっともっと何か教師ができそうなのにな〜なんて

夢想しています。

 

みなさんは著作権のところなど、どのようにして動画を作っていますか?もしよかったら教えて下さい。

参考

私のYoutubeページはこちら。こちらで実験的に生徒に動画を配信しています

・メルマガの登録はこちらからどうぞ。


 

 

次の科学のタネ

科学のネタ帳の更新情報

動画授業の配信はこちら

ツイッターについては更新情報+科学全般、 フェイスブックGoogle+RSSについては更新情報について流しています。 科学のネタ帳オン Google+