教師のためのWindowsショートカット【精選】


6be0f5ccebee43516648b1dacbc0c142_s

右クリックからコピーをしている人はいませんか?

教材販売会社のナリカから、センサー系の実験器具を貸していただいたのですが、
どうしてもソフトがWindows用で、ぼくが使っているMACには対応していませんでした。
そのため必要にせまられて、windowsが搭載されているsurface3を買ってみました。

また学校に普及するであろう今後のタブレットはウィンドウズ系がくるのかなとおもったのも大きくて、
今のうちに自腹で買ってみて、いろいろトレーニングを積んでおこうという思いもありました。

Mac同様ですが、windowsを使いこなすためには、ショートカットを知る必要があります。
その昔Windowsが恐ろしく遅かった時、先輩がショートカットを駆使して操作をしている姿をみて
僕もやってみようと思いましたが、挫折したことがあります。

しかしショートカットを知っているのと知らないのとでは、
作業効率に3倍くらいの差がでてきてしまいます。

そのときは挫折しましたが、Linuxを触ったりMacに触れていく中で、
効率化のためには、ショートカットがパソコンの鍵となることがわかりました。

例えばコピーをするときに、マウスをつかって右クリックコピー、右クリックペーストをしている人は
あまりいないと思います。

おそらく「コントロール+C」でコピーをして、「コントロール+V」で、ペーストをしていますよね。
なぜそうするのでしょうか。早いからですよね!

これを知っているかいないかが、大きいですよね(^^)

今日は教員向けに、このコピーペーストの技の他にこれだけは抑えておいたほうが良いという
ショートカットを選んで、ご紹介したいと思います。

私が普段使っているもの、教えてもらって使ってよかったものに絞りました。
全部使う必要はありません。まずは★のついたものからでいいので、使ってみてください。

ぜひプリントアウトかスマホでこのサイトを見るなどをして、
手元のPCで確認をしながら読み進めてくださいね。

※ 随時更新をして足していこうと思っています。

<全般で活躍するショートカット>

アプリを切り替える★ Altキー+タブ

具体的使用場面
:wordファイルにある生徒の名前を、エクセルに貼り付けたいとき、wordとexcelをまずは開いて、コントロール+タブを押してみてください。アプリがコロコロと切り替わり、すぐに貼り付けられます。

ファイル名の変更★ ファイルを選択してF2キーを押す

:先輩教師が作ったファイルを今年のものに変えて編集!ファイル名に年号を加えようと思って、ファイルをマウスでさして右クリック!あれずれて違うメニューがでてきた(T_T) そんなときは矢印キーでファイルを選んで、F2キーをおすとすぐに名前を変えることができます!

操作の取り消し★ コントロール+Z
操作の取り消しの取り消し★ コントロール+y

:あ!やばい!先輩のファイルを消してしまった!でも安心!コントロールZ+で復活することができます!ッと思ったら、これは消してよかったファイルだったと気づいたとき!そんなときはコントロール+yでまた消してしまいましょう。この2つのショートカットはいろいろなところで役立ちます!

窓をまとめて最小化★ ウィン+M

作業中のウィンドウのみ残して他を最小化 ウィン+Homeキー

ウィンドウの最大化 ウィンキー+↑

マイコンピューターの表示★ ウィンキー+E

プログラムの全終了 Altキー+F4

タスクバーに作ったショートカットにアクセス★ ウィンキー+数字キー(左から1・2・3…と対応)

プログラムの検索 ウィンキーを押してから、そのプログラムの名前をタイプする

ロック画面にする ウィンキー+L

プログラムの強制終了 コントロール+シフト+ESC

○ 仮想デスクトップの操作

仮想デスクトップの移動 コントロール+ウィンキー+矢印

<オフィス系>

※ オフィスとはWordやExcelまたはPowerPointなどのことを指します。

上部のリボンの表示、非表示 コントロール+F1

:クラス通信をノートパソコンで書いていると、画面が小さいので上の書式などの設定をする「リボン」と呼ばれるツールバーが邪魔なときがあります。こんなときはコントロール+F1を押すと隠れます。これで広々と作業ができます(^^)。もう一度押せば、リボンがまた復活します。

名前をつけて保存★ F12

:Wordなどで大活躍。ファイルを編集して名前を変えて保存をしたいときありますよね!そんなときはこのF12を押せば一発で名前を変える画面が表示されます!便利!

○ word

数式の挿入<理数おすすめ>★ シフト+オルト+「=」

下付き文字<理数おすすめ>★ コントロール+シフト+「-」

上付き文字<理数おすすめ>★ コントロール+シフト+「+」

文字数チェック★ シフト+コントロール+「G」

文字一括選択 選択をしたい場所にカーソルを合わせて、シフト+End

直前に編集をした場所まで戻る シフト+F5

フォントサイズを変更する 「大きくする」または「小さくする」 コントロール+シフト+「、」または「.」

文字の書式をとる コントロール+シフト

書式のみコピーまたはペースト コントロール+シフト+「C」または「V」

行間を変更する コントロール+5(これで1.5になる)

:元に戻す場合はコントロール+1

インデントを入れる コントロール+M

改ページを入れる コントロール+エンター

日本語入力モードで半角スペースを入れる シフト+スペース

文字を自由に範囲指定をする Alt+マウスのドラッグ

直前の操作の繰り返し(図形などの色塗りを繰り返す場合) コントロール+y

:学級新聞を作るとき、図形に色を塗ったあとで、同じように他の図形を塗りたいとき、その図形を選択してコントロール+yを押せば、一発で同じ色を塗ることができます。

○ Excel

セルの書式設定★ コントロール+1

右揃えにする Alt H A R (左揃えの場合は最後のRをLに)

行・列の挿入 コントロール+「+」キー

次のデータが入ったセルまで一気に移動 コントロール+矢印

データの端まで移動 コントロール+シフト+矢印

他のシートへ移動 コントロール+ページアップ

参照元のセルに移動 コントロール+「

参照元のトレース Alt M P

参照先のトレース Alt M D形式を選択して貼り付け Alt H V S

同じ作業を繰り返す F4

◯ PowerPoint

図形の挿入時に、正確な円や、水平線などを挿入する シフトを押しながら図形を描く

:「楕円なんか書きたくないのに~」・「水平線を引きたいのに、自由すぎて困る!」そんな場合には、シフトを押しながら図形操作をしてみてください。きれいな円や、0°45°90°など、ぴったりな角度のきれいな線が引けます!

○ GoogleChorme(ブラウザ)

 

追伸

ぼくはwindowsを大学生の1~4年まで使っていました。
このときのwindowsは本当に性能がわるくて、すぐに落ちて困っていました。

大学4年のときにLinuxを入れて、VineLinuxを使っていました。
安定していて、使いやすさに驚いたものです。

その後大学に入りMacに変わりました。
フォントの使いやすさと直感的に操作できる考えられたUIに虜になりました。

そして月日は流れ、夏休みに入るにあたりwindowsをもう一度買いました。
使ってみてびっくり、とっても使いやすくなっていました。
windowsも足踏みをしていたわけではないんですね。

ショートカットも久しぶりに思い出したり、
調べながら使っています。

これはいいよ!というショートカットなどありましたら、ぜひ教えて下さい(^^)
まとめていこうと思います。

教師が使うタブレットの活用に関する記事はこちらにまとめました。

長いですがもしよかったらどうぞ(^^)

3d-teacher-1171500-m

ご質問はありませんか?お答えします。

・ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ。ブログにて回答させていただきます。

科学のネタから出た本はこちらです。運営者に関してはこちらからどうぞ。

・メールマガジンはブログでは載せられない情報を配信しています。


 

・フェイスブックやツイッターでは更新情報を配信しています。


動画授業をはじめました。


[adsense]