できる生徒のノート術は見飽きた!「できない生徒のノート術」


blank-notepad-4-1418126-m

東大生の美しいノートというのが流行りましたが、

実は成功例はあまり参考にはなりません。

失敗例のほうがよっぽど参考になります。

そんな失敗例がのっていた本を今日はご紹介します。

失敗ノート!

できる生徒はこんなノートをつけている!
という本が昔はやりました。

東大生の勉強ノートをについてまとめたものです。

ただし、この本の通りノートをつけたとしても、
別に勉強ができるようになるわけではありません。

成功するための本をたくさん読んでも成功しないのと同じように、
実は成功例とは非常にそのひとにまっちした例や、時代の流れ、運も大きく、
合う、合わないが結構あるんですね。

しかし失敗例は参考になるんです!失敗の例を学ぶと、今後のガードレールになるからです。

そんな中でこちらの本、「16歳の教科書」を読んだところ、

なんとうまくいかない生徒のノート術について、まとめてありました。

16歳の教科書 なぜ学び、何を学ぶのか

一例ですが、例えば、できない子のノート術について、次のように書かれていました。

できない子というのは、とにかく授業中に黒板を見ては写し、見ては写し、見ては写し、を延々とくり返すんです。

あるある!と思う人も多いかもしれませんね。
黒板をうつすことが目的になっていて、作業になってしまっている人です。

これは実は、この単なる写すという作業は、
考えることをサボっているのと同じです。

何をするにしても、

・なぜこの作業をするのか?

・何をノートにとるのか?

と、考えながらノートに取らないと意味がありません。

その意味では教師が板書したものを全て写す必要はないし、
また書かないことでも、教師が話したちょっとしたことを
ノートのすみにメモをすることも大事です。

教師もあまりにも量の多い板書は、
実は生徒の役に立っていないかもしれません。

教科書は生徒の手元にあるわけです。

どうしても教えていると、あれもこれもと、ついつい説明過多になりがちです。

このように、ノート1つとっても、失敗例から学べることはたくさんあります。ノート術は奥がふかいですね。

参考

16歳の教科書 なぜ学び、何を学ぶのか