あなたも見える!黄色や緑色の空を見つけよう

LINEで送る
Pocket

 皆さんは黄色い夕日を見たことがありますか?

 よく昼間に空が青くみえて、夕日が赤くみえる仕組みだとかを、授業でで説明をしていますが、実際に体験をもってして、納得するということが少ないように思えます。例えば、なぜ赤や青の空があるのに、その中間の黄色や緑色の空が見えないのか。

 僕も実際に意識をして空をみるまでは、空は青か赤だと持っていました。ハワイだとかの夕日がオレンジ色に見えるのはしっていましたが、その程度です。でも、実際によく空をみてみると、たしかに緑色や黄色の空が日本でも見えるのですね(当たり前ですが)。

 ちょうどそんな空が昨日見れたので、紹介しようとおもいます。これはちょうど駅から見えた空の様子です。

電車のマド越しにとったのですが、ホームから撮ったらこんな感じです。

 いかがでしょうか。紫色にもみえる青から緑っぽくは見えませんが、緑、オレンジ、赤といろいろな色が見えるのがわかります(肉眼だと緑っぽくも見えました)。

 おそらく大気に少し水蒸気や小さな粒子などが飛んでいたほうが、散乱が起こり、きれいなグラデーションが見えるのだと思います。このように実際に面をよーく見てみると、空にもいろいろな色の差があることがよくわかります。

 これが大気の厚さや、地球が丸いことが関係していると思うと、一層面白いですよね。このような身近によくあるのに、思い込みでみている現象ってたくさんあるのかな〜。

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
新しい・楽しい実験教室×ICT 地域でなかなか実験を体験する機会がない、小・中学校で電気分野などあまりやってくれない、幼稚園で科...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室をひらいています。また教師のための実験×ICT講座を全国で行っています。