コイルロケットを飛ばせ!「バネの伸び」と飛んだバネの「最高点」

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

東急ハンズで売っている「カラーコイル」(ばね)の細いものを使って、それを切って、小さなバネを作りました。

一番上のバネの先を少し折り曲げると、鉛筆の先にひっかけてバネを飛ばすことができるようになります。

これをつかって、バネの伸びと、その時の最高点までの高さを調べました。

iPadの固定カメラで撮影をしたあとに、定規をあてて画面上でとんだ高さを測ります。

結果をまとめると次のようになりました。とくに4cmと8cmを比べると、高さが4倍になっているのが見て取れます。

グラフにするとこのような感じに。

y=ax^2のグラフとフィットさせてみました。大雑把に行ったちょっとした実験ですが、結果はまた興味深いですね。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから