おもちゃのバネを連結して縦波実験装置を作ろう!

スクリーンショット 2015-10-21 7.47.28 2

文化祭では地学班の生徒といっしょに縦波発生装置を作りました。
装置といっても、たいしたものではなく、おもちゃのバネを連結してつるしたものです。

ただコツがあって、単に連ねてぶら下げてもあまりうまくいきません。

生徒といっしょに作ってみると、バネをどれくらいの間隔でぶら下げていくのかが
大切なことがわかりました。

あまり詰めすぎてもうまく伝わらないし、話し過ぎると伝わる速さが早すぎて
うまく観察できません。

そこで、そのあたりの塩梅も含めて、ご紹介します。

ご家庭で試してみてくださいね!大きい物を作ると、より楽しくなりますよ!(^^)

科学のレシピ

1 おもちゃのバネをセロテープで連結する

2 ネット28cm×60cm(ワイヤーネットホワイト)に下の写真のように吊るしていく。
一つのネットに連結した2つのバネをつけていくことがポイント。

スクリーンショット 2015-10-21 7.47.46

3 完成!端を揺らしてみよう!

スクリーンショット 2015-10-21 7.47.28

揺らして見ると、、、次の動画を御覧ください!

いかがでしたか?
簡単にできるわりには、作りようによって大きくなり、感動を与える装置になっていくと思います。

ぜひご家庭でも作ってみてくださいね!

ニュースレター

・ニュースレターはブログでは載せられない情報を配信しています。


 


科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。