電線で!?作る強力コイル!磁力線丸見え!

先日紹介したパスカル電線は、一本に見える電線の中には、10本の導線が入っていて、
電流を流すと10倍の電流が流れるように工夫されていました。

[blogcard url=”https://phys-edu.net/wp/?p=23529″]

この1mのパスカル電線を使って、次のような実験装置を作ってみました。

パスカル電線をさらにまいて、コイル上にしてあるものです。

スクリーンショット 2016-01-27 23.47.32

工夫をした点は、わざと電線の配線が見えるようにして、手でよじってあるところです。

パスカル電線の仕組みがよくわかりますね。

スクリーンショット 2016-01-27 23.47.37

これははんだ付けされていないものなので、教師用としてしようします。

ここに単1の乾電池をつなぐと0.6Aの電流が流れます。

ショート回路になってはいますが、電線が長いため、それほど大電流にはならず、長くつないでいても電線は熱くなりません。

これなら班の数用意して、それぞれ実験をさせることも簡単にできますね。

そしてこの状態でコンパスを近づけると、次のようにコンパスが強く反応します。

スクリーンショット 2016-01-27 23.50.05

Amazonでこの電線は買うことができますから、ぜひやってみてください。
ご家庭でも作って実験することができますね!

[amazonjs asin=”B005UAVUTA” locale=”JP” title=”富士電線工業 VCTF 0.3sq×10芯 ビニルキャブタイヤコード (丸型ケーブル) (0.3mm 10C 10心) (電線切売 1m~) CG”]

お気楽にお問い合わせください。

・ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ(^^)
・ニュースレターではブログには載らない情報を配信しています。