サーモグラフィーで可視化!風船を引っ張ってみると…

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

風船をひっぱって伸ばした直後に顔にあてると、温かく感じます。

スクリーンショット 2016-04-27 19.19.04

また風船を伸ばした状態から元に戻して顔にあてると冷たく感じます(詳しくはこちらをごらん下さい)。実際にこれをサーモグラフィーでみると、どの程度の温度変化があるのかが可視化できるかなとおもって撮影してみました。

動画でとると一目瞭然ですね。面白いです。

引っ張ったときは、40℃くらい?対して戻したときは、

27℃くらいとなり、室温(28℃くらい)と比べると1℃くらい低くなるようですね。面白い。

温度の不思議、試してみてください!

今回つかったサーモグラフィーはこちらです。iPadなどにつけてつかえる安いものです(^o^)

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。