ウェルカムドリンク!静電気茶・静電気水【静電気実験】

ケン博士
静電気大好き!サイエンストレーナーの桑子研です。

※ この実験は「沸騰ワード10」(日本テレビ)という番組で取り上げられた実験です。広瀬すずさんにウェルカムドリンクとして静電気水をすすめました。実験ははじめ失敗をしてしまい…、詳しくはこちらをどうぞ

静電気水!

今日はビリっとシビレル味の、静電気入りの飲み物(静電気茶とか静電気ジュースとか静電気水とか言われます)について紹介します。まずはこちらの動画をご覧ください。

唇を内側から殴られたような衝撃に見舞われました。お気をつけてお試しください。

用意するもの

プラスチック製のコップ、アルミ箔、水(またはお茶)、バンデグラフまたは風船とタオル(下敷きと雑巾の場合は乾燥した季節で、静電気が立ちやすいことが条件)です。

方法

1 まずアルミ箔の帯を作ります。またコップのまわりにアルミ箔を底から1cmほど巻きつけます。怖い方はこのアルミ箔はまかなくても大丈夫です。

此アルミ箔を巻かなくても実験が可能です。その場合は静電気がそこまでたまりませんので、衝撃は減ります。逆にアルミ箔を幅広く巻くと、静電気は溜まりやすくなります。長さの調整はお好みでお試しください。

2 帯をプラスチックコップに入れます。

3 そこに水(お茶)を入れます。なお水はミネラルウォーターでも水道水でも、お茶でもジュースでもかまいません。蒸留水はだめですが、基本的に一般的な水は何かしら溶けているので電気が流れます。これが完成図です。

4 ストローをお箸のようにしてアルミ箔の帯を持ち上げて、静電気発生装置(バンデグラフ)を使って、ふれさせます。

お茶に電気が溜まっていきます。

このようにこすりつけることによって…

コップの内側と外側に電気がたまります。

充電後はこのようになります。

 家庭で行う場合はバンデグラフではなく、風船とタオルを用意してください。タオルを風船にこすりつけて風船表面に静電気をためて、その後風船をアルミ箔の帯の表面にこすりつけます。

雑巾でこすり(少しバチバチっと音がなります)

ベロにこすりつけます。12月〜2月がベスト!

 これで準備完了です。なお、広瀬さんのときは、水がついて服が汚れないように蓋をしました。生徒で実験をするときにも、場合によってはあった方がいいかもしれませんね。お好みでどうぞ。

さあ、飲んでみよう!

お茶を飲もうとすると…、唇を通して静電気が放電されて、パチっとなる音とともに唇がしびれます。

ウ!

ゲホ!

静電気茶を飲んだときに、水とコップ表面の間で電気が流れるため、唇付近の筋肉が収縮して、ビクッとなります。

 通常サイズのプラスチックコップで作れば安全上問題はないですが、他の人でやるまえに必ず自分で試してみてください。またライデン瓶をすごく大きくして作ったり、静電気に弱い人や、やりたくない人に無理やりやらせたり、心臓が弱い人等に行うのはやめて下さい。保護者や教員の立ち会いのもとで行いましょう。

なおこの実験は、広瀬すずさんの他にも、櫻井・有吉THE夜会」という番組で使いたいということで撮影協力をいたしました。鈴木亮平さんが静電気茶を飲んで、あごが後ろに下がる様子がテレビで紹介されました。

こちらが静電気茶です。鈴木さんは静電気に強いということで、アルミ箔はかなり長めになりました。私が飲んだものよりは少し短いですが…。

詳しくはこちらを御覧ください。また、静電気について、こちらの本にまとめました。もしよろしければご覧ください。

[amazon_link asins=’4062578158′ template=’ProductCarousel’ store=’kuwako-lab-22′ marketplace=’JP’ link_id=’0fc39b43-cfd4-4668-9628-db447e6c1d17′]

【特集】やめられなくなる!静電気実験

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから