アカマツの観察 #生物図鑑

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

#植物図鑑 #マツ

#アカマツ#松ぼっくり を拾いました。松ぼっくりは松の果実です。

松は #裸子植物 で、 #子房 がなく、 #胚珠 がむき出しになっています。上を見上げてみると、マツボックリが木についた状態でたくさん見られました。

こちらは松の葉から花が出るところでしょうか。

頂上に松の雌花がさいているところで、雄花がこの下についていたものと思われます。

前年の雌花がマツカサ(マツボックリ)になるそうです。

理科ネットより引用 https://rika-net.com/contents/cp0310/contents/library/pi-03/pi-03.html

閲覧日:2021-10-14

素人考えで疑問に思ったのが、なぜ雄花の下に松ぼっくり(果実)ができるのか?ということで、生物の先生に聞いてみたところ、雌花のところに松ぼっくりができるが、その後雌花の先からまた伸びていくって、松ぼっくりの果実がある場所は、前年の雌花のある場所なのだということを教えていただきました。

なるほど〜。わからないことだらけです。1年でこんなに伸びるのですね。

こちらが松の幹です。ゴツゴツした感じですね。

#柏の葉公園

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから