肉食動物と草食動物のからだのつくり(@国立科学博物館)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。

NHK for School の教材に「生活環境によって違う体」というものがあります。ここで肉食動物や草食動物の後ろ足が、爪先立ちになっているということが述べられています。実際に国立科学博物館にいったときに、肉食動物と草食動物の剥製をみてきました。

肉食動物からみていくと、

後ろ足は、

つま先ダチになっている。また草食動物をみると、

後ろ足は、

爪先立ちになっている。

前足も後ろ足も同じようなつくりだと思ってしまいがちですが、じっくりみると違いにきがついて面白いですね。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから