レゴシリアスプレイを買ってみました(真剣遊び・大人遊び)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。

#レゴ #シリアスプレイ (真剣遊び?)を買ってみました。子供の場合は、アヒルや飛行機、家といった目に見える物理的なものをつくりますが、大人の場合(レゴシリアスプレイ)では、抽象的なイメージやアイデンティティを組み立てることを目的とします。企業などでとりいれられている取り組みだそうです。

例えば、次のようなワークが紹介されています。

1 目の前にあるレゴブロックを使ってタワーを作ってください (アイスブレイク)

2 あなたの一番の強みをレゴで表現してください

 考え込む前に、まずはブロックを手にとって組み立て見ましょう。どうしても思い浮かばない場合は、何も考えずにブロックを組み立てるだけでも構いません。

 制限時間がきたら、一人ひとり自分の作品について説明をしていく

 色の組み合わせなども

 他の参加者が質問をする。矢印はなぜそちらの方向を向いているんですか?タワーのブロックが赤いのはづしてですか?

3 あなたが受けた最高の営業とは? あなたが二度と受けたくないとおもった営業は? など。

 現実世界の問題の正解は一つではありません。問題が何なのかわからないことも多い。問いの立て方や答えの導き方は無限大です。これをシリアスプレイを通して、体感していくという手法のようです。多様性が人間の価値になるとのことです。

 

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから