ホットケーキミックスで火山のモデル実験(雲仙・普賢岳とマウナロア)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。

雲仙普賢岳やマウナロアの火山の形はマグマの粘り気の強さ・弱さによると言われています。そのようなマグマの形について、実際に実験をして確かめるというのがよく教科書に載っているのですが、実際にやってみました。使ったのはこちらの2つです。どちらもダイソーで購入をしました。

ホットケーキミックス20gに水15gと、ホットケーキミックス20gに水25gをクリーム絞り袋にいれて、よく前ぜ合わせます。

これらの袋の先端の先端をきって、台に落とすと、、、

このようになります。粘り気が強いのが、雲仙・普賢岳のモデル、粘り気が弱いのがマウナロアのモデルです。

 

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから