ウメ(植物図鑑)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。

3月9日にウメの花が咲いているのを発見しました。さくらとはまた違った美しさがありますね。サラクもウメも、花が咲いた後に葉っぱが出てくるのでしょうか。

wikiで気になったところをまとめると、

5枚の花弁

花の色は白、淡紅、紅色など

葉は互生で先が尖った卵形で、周囲が鋸歯状。

果実の中には硬い核が1個あり、中果皮で、表面にくぼみが多い[9]。未熟果に青酸を含むため、生で食べると中毒を起こすと言われている[9]。

可食部である果肉部分は、子房の壁が膨らんだもの

栽培では、自家結実する品種[12]と自家結実しない品種[13]がある。ウメは自家不和合性が強いため、果実を目的とした栽培では、1品種だけの栽培を避けて、花粉親として少しだけ性質が異なる異品種を混植して栽培を行う

撮影日 2022/03/9 場所 流山市の公園

 

#ウメ #植物図鑑

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから