なぜブタメン!?深海に入ったカップ麺を比較してみた!

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

なぜブタメンなんだ!といつも思っているのですが、いろいろな場所でみつけたブタメンを深海にもっていってみた!の展示について写真をまとめてみました。

まずは「千葉県自然博物館」のブタメン。カップ麺を海に深くしずめるとどうなるか?という展示がありました。よくテレビなどで見たことがあるとおもいますが、実物を目の前にしたのは私ははじめてで、面白かったので撮影してきました。

原寸大

地上から200m

1000m

6000m

ほぼ原寸大と同じ縮尺で写真をとってきましたが、原寸大と比べるとかなり小さくなっているのがわかりますね。面白いです。

これは「東京国際フォーラム」の特別展示会場で展示されていたものです。

これは深さ2000mまで沈めたもの。触ることができました。感動。

  

比較してみるとこんな感じです。

最後に「つくばエキスポセンター」に展示されていたものです。

こちらは6500mとの比較。2000mと6500mではほとんどもう変わらないのですね。カップ麺の素材の中の空気が押しつぶされて、すべて抜けてしまっているのかもしれませんね。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから