色はどのようにして見えるのか?矢印を使った表現に感激

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

すいていて、内容は充実している個人的に超おすすめの科学館「つくばエキスポセンター」にいったときに、色がどのように見えるのか?という展示の説明板がとてもわかりやすかったので紹介します。

緑に見えるものは、緑色以外の光を吸収するということが矢印と棒をつかってうまく表現されています。このようなわかりやすい表現法があるのだなと感激しました。授業プリントなどで使わせてもらおうと思います。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

前の記事

授業で使うGoogleForm!