力学実験とICTの活用法について教師向け実験講座を行いました

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

平成30年8月22日、株式会社ナリカにて、「ナリカサイエンスアカデミー おてがる物理基礎コース」を開催しました。午後に2本の開催となり、1本目が「主体的・協働的な学びにつながる力学実験」、2本目が「理科におけるICTの効果的な活用法」というものです。それぞれ6名、10名の理科の先生が参加されました。

力学編の様子

メンバーを見ると、徳島から来ていただいた方や、小学校の先生、学生の方など、中高の先生以外にも様々な先生に集まってくださいました。

どちらも1時間30分の内容の実験講座なのですが、なんと力学実験に参加された方すべての方が、ICTのほうにも参加するという3時間コースを選んでくれました。

ブラックボックスの紹介

私も3時間話をし続けたので、疲れたところはあるのですが、何よりも参加された先生方が楽しそうに実験されているのをみてうれしくなり、あっという間の3時間でした。

終了後のアンケートでは、「たいへんよかった」が7名「よかった」が2名となりました(1名は回収できませんでした)。概ね満足していただけたようでホッとしております。

また主な感想としては、

などです。実際の授業シーンに合わせて説明をしたのがよかったようです。

ご参加された先生方ありがとうございました!

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。