NSA「波の実験で導入したいセンサー・タブレット」を開催しました

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

平成30年8月25日にナリカサイエンスアカデミーおてがる物理基礎コース「波の実験で導入したいセンサー・タブレット」を開催しました。今回参加された先生は4名です。

iPadを使った気柱や弦の実験の様子や、ちょっとした演示実験の工夫など、現場で活用していて効果の高いものを中心に紹介しました。

おもちゃのバネをつかって自由端反射の演示方法

こちらは定常波の演示の方法

波動用バネと自由端反射の方法

弦の固有振動の観察

頭皮マッサージ機をつかった定常波の観察方法

実験後のアンケートでは、「大変よかった」が2名、「よかった」が2名となりました。NSAの前期の講座はこれで終了です。今度は後期に実施を予定しています。

お時間がございましたら、お会いしましょう。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。