磁場を介してもう片方のコイルに電流を流す展示【つくばエキスポセンター】

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

つくばエキスポセンターの展示に、コイルをつかったスピーカーがありました。これは下のコイルから磁場がでて、それをスピーカー側のもう一つのコイルでキャッチして、電流をながして音を聞くというものです。

耳を澄ますと、小さな音ですが、聞こえます。またスピーカーをコイルに近づけると音が大きくなる様子もよくわかりました。磁場が空間をとんで、電流を流すということが何度やっても信じがたく面白い現象です。

女子校フェスタなどで、コイルスピーカーを作りって音楽を聞きましたが、こんなちょっとしたことから科学に興味を持ち始めるのかもしれませんね。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから