大きくて触って実感できる動滑車「かっしゃくん」が良い!

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

春休みに生徒をつれて「つくばエキスポセンター」にいってきました。そこで屋外に展示されているのが体験型の動滑車の展示です。

名前が安易だなとおもったのですが、「かっしゃくん」というものです。ただこれがとても良く考えられていて、滑車のさきにつけられたおもりは8kgの重さ。左側にあるのが定滑車のみの作りです。ひもを引っ張ってみると、大人でも片手ではちょっと持ち上げるのが大変な感じです。子供は思いっきり引っ張るのでしょうね。かなり良い数字の重さです。

真ん中にあるのが、定滑車+動滑車です。一つついているので4kg+αくらいの重さ。これは片手でも、簡単に持ち上げることができます。

最後に右側にあるのが動滑車が2つついたパターンです。これはさらに軽く動かすことができます。

ちょっと色あせた案内板なのが残念ですが、体感できて、安全設計のこの展示は素晴らしいと感じました。なかなかここまで大掛かりなものは作れません。

このようなものが各学校の校庭においてあったら、授業も楽になりそうです。公園とかにもあるといいなぁ。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから