波乗りストロー!200円で作る波動実験装置で遊ぼう!


スクリーンショット 2015-09-15 22.29.11

今日は波の様子がわかる波動観察装置の紹介です。
普通波動を観察するには、「水平すだれ波動実験機」という
20万円くらいする装置をかって実験を行います。

スクリーンショット 2015-09-17 22.29.28

シャイブ式ウェーブマシン

ナリカさんより

本校にも一つあるのですが、家庭では試すことができないし
また学校でも生徒一人に一つもたせたり、生徒にとっても特別なものに感じてしまいます。

そこで東京書籍の新編物理基礎に乗っていた、ストローを使う方法で、
超大型なものを科学部の生徒と作りました。

手作りをして一工夫を入れたら、非常にきれいに演示ができたので、
みなさんにもご紹介します。

科学のレシピ

用意するもの:セロテープ、ストロー

1 セロテープを机の上に広げ、ストローを等間隔ではりつけていく

2 セロテープの先を天井に固定してぶら下げる

スクリーンショット 2015-09-15 22.34.03

3 一番下の部分に、小さなおもりをつける

4 波を起こす。

スクリーンショット 2015-09-15 22.34.19

ぶら下げてみると、こんなに大きくなります。おもりをつけることで、ねじれがなくなります。

スクリーンショット 2015-09-15 22.34.45おもりはこのような小さなものを一つ。重いものにすると、波を起こした時に、
波のスピードが早くなるので、観察しにくく成ります。おもさは調整をしてください。

実際に実験した様子がこちらです。

いかがでしょうか。かなりきれいに波が起こっていますね!
教科書だと、セロテープをピンと張り、水平にして波を起こしていますが、
この大きさになると水平にするのがすごい難しいです。

今回のコツとしては天井からぶら下げること、そして下におもりをつけたことです。

この工夫をしたことによって、巨大なすだれが完成しました。

費用はたったの200円です。

ご自宅でも試してみてください。個人的にはモビールのようになっていて、
とってもきれいで、自宅にも飾ろうと思いました(^^)

怒られるかな・・・。

学校で使う場合には、もちろんこの道具は簡易的なものですので、ナリカ等のウェーブマシンを一つは用意しておきましょう!

ご質問はありませんか?お答えします。

・ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ。ブログにて回答させていただきます。

科学のネタから出た本はこちらです。運営者に関してはこちらからどうぞ。

・メールマガジンはブログでは載せられない情報を配信しています。


 

・フェイスブックやツイッターでは更新情報を配信しています。


動画授業をはじめました。


[adsense]