アルミホイルを使って光の乱反射を観察してみよう!

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。

光の #乱反射 についての実験を行いました。方法としてはアルミホイルを板にクリップでとりつけて、表面がツルツルしている状態で光がどのように反射されるのかを観察、その後、アルミホイルをくしゃくしゃにしてから伸ばして同様にはりつけて観察をしました。その結果がこちらです。

いかがでしたでしょうか。クリップで止めている板は以前紹介したカードミラーです。ツルツルのときは、鏡と同じように反射をしますが、

くしゃくしゃにしてから元に戻すと、いろいろな方向に光が反射している様子がわかりますね。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。