センサーを使った電気振動の実験(EasySense V-Hub Data Harvest社)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

昨年ナリカのイージーセンスV-Hubを7台購入しました。その結果、いろいろな電磁気の実験をすることができるようになりました。今回はそんなイージーセンスを使って、電気振動の様子を演示実験しました。その様子を撮影したので、御覧ください。

いかがでしたでしょうか。回路はこのような感じです。

設定はこちら。マニュアルで測定時間は200msに、100msでもよいです。測定間隔はサンプリングレートを2000くらいに、また開始条件をつけています。

自己インダクタンスを変えると、このように周期も変わります(オーバーレイモード)。

イージーセンスを使うと、電気振動や自己誘導などの、短い時間で起こる減少を捉えることができて感動ですよね。設定などもここにかいておくので参考にしてください。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから