光の屈折を体験できる!展示物(科学技術館)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

科学技術館に引率をしてきました。他の科学館では見られないような体験型、手作りのような実験道具が多く、90分だったのですがあっという間に時間になってしまいました。僕自身も、何度も行っていますがとても楽しめました。今回紹介するのは、光の屈折が楽しめるこちらの装置です。

光源からたくさんの並行光線が出ており、そこにプリズムをおいて光の道筋をみるというものです。

凹レンズのようなものをおくと、焦点に光が集まってとてもきれい。

また三角形のプリズムをおくと、屈折後の光がわずかに分光されて虹色になっているのがわかりました。

なかなか自分ではつくれないタイプの実験道具ですね。他にもいろいろと紹介していきたいと思います。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから