消しゴムの形跡が丸見え!サーモグラフィーのおもしろ実験

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

サーモグラフィーが5万円以内で買える時代になりました。私が買ったサーモグラフィーがこちらです。iPadやiPhoneにつけることができます。

[amazon_link asins=’B072J49BX7′ template=’ProductCarousel’ store=’kuwako-lab-22′ marketplace=’JP’ link_id=’e0a1c20f-5a21-426a-a503-bd8b3b00f2c8′]

これを使ってたとえば人物などをとると…、

このように服からでている部分が赤く移ります。またメガネが低くなっていてこれも面白いです。赤外放射を撮影しているので、皮膚からでた赤外線をメガネの内側で吸収(または反射)しているのかなと想像ができます。これを使って机の上で消しゴムをこすった様子を撮影してみました。

これがまた面白い。

わずかな温度変化もとらえることができるので、見た目には何も変化がないようにみえても、温度変化を移すサーモグラフィーの目でみると、可視化されて明らかになります。こちらの動画を御覧ください。

ゴシゴシと机をこすると…

サーモグラフィーでその様子をのぞいてみると…

また手指消毒用のアルコールを缶の中に吹き付けて、紙コップで蓋をして、爆発させて、紙コップを飛ばすという、紙コップロケットの実験(詳しくはこちらを御覧ください)についてサーモグラフィーで撮影してみました。

面白いですよね。アルコールが燃えている様子は実際にはほぼ目には見えなかったのですが、可視化されています。また爆発後の空き缶の温度上昇(内部エネルギーの増加)がよくわかります。

教員として一つは持っておいてもいいのかもしれません。私はとりあえず面倒だったので自腹で買ってしまいました。家内には内緒です…。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから