授業内でリアルタイムでGoogleフォームを使ったら便利だ!

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。

先日Googleフォームを使って、大学で行ったICTの活用に関する授業内でその場で学生から意見を集めて、その場でフィードバックをするということを行ってみました。作ったGoogleフォームのアンケートの画面はこのような感じです。

この項目自体は簡単に作成したり、編集することができます。

これを予めQRコードにしておいて、学生のハンドアウトに入れておき、スマホをつかってQRコードからこの画面へと導いて、アンケートに答えてもらいました。大学生だからスマホ普及率は100%でした。

Googleフォームの管理画面を見ると、そこに様々な質問がリアルタイムで更新されていきます。

このグラフがどんどん変化していきます。またこちらの思い出アンケートでも、

このようなものがどんどん出てきて、その場でフィードバックができ、情報の共有ができて、また会場から「夏休み明けに突然電子黒板が現れた!?え!どういうこと?」などと話ができたので、笑いなどの感動を誘うこともできました。

また学生の情報の基礎を合わせることにもつながるので、どの程度のICTのレベルで話をすればいいのか?ということの調整も聞きました。

このようにリアルタイムでも使えるGoogleフォーム、今後いろいろな授業でも活用してみたいと思います。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから