伝説のおもちゃ「スピログラフ」をDesmosでプログラミング

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

昨日まで文化祭が開催なれていました。そこで2年をかけてスピログラフについていろいろ調べていた部員が、スピログラフを描くプログラムを作って持ってきてくれました。

昔流行ったおもちゃです。

[amazonjs asin=”B00260N2GG” locale=”JP” title=”デザイン定規 286061″]

ぼくも真似をして作ってみたのが、こちらです。

こちらをクリックすると実際に動かすことができます。遊んでみてください

数式は、次のような仕組みになっています。

生徒がまとめた資料はこちらです。説明も含めてわかりやすいですね。

 

 

プラネタリウムの側面に展示しました。

 

見せ方として面白くこれも部員のアイデアです。

スピログラフは、ある円運動Aの中に、もう一つ別の角速度でまわる円グラフBの中心をAにあわせて動かしたときに描くことができる図形です。このようなおもちゃで遊んだことがある人も多いのではないでしょうか。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから