コレで解決!まわるクリップモーターのコツ


特設ページに戻る

さて、これはなんでしょう?(^^)

スクリーンショット 2016-05-24 5.52.12

難しいですよね!

ではこれならどうでしょうか。

スクリーンショット 2016-05-24 5.52.21

わかりましたか?

実はこれはモーターなのです。クリップと磁石で作るクリップモーター。

今日はなんと誰でも作ることができちゃう
クリップモーターについて、みなさんにご紹介します。
一昨年、小森栄治先生に教えてもらいました。

作った事がある人はわかると思いますが、これをまわすのは結構難しいんですね。

科学のレシピ

クリップモーターというと、こんな巻き方が一般的だと思います。

スクリーンショット 2016-05-24 5.50.20

でも実際にこの巻き方で作ってみると、中学生だと半分以上が成功できない。

それもそのはず、大人でも結構難しいんです。とくに両サイドの棒のところが
一直線にならなければいけないのですが、これがなかなか調整できない。

全ては巻き方の難しさにあります。そこで「プラスチックダンボール」をつかって
巻き方の補助をしてあげれば、簡単にコイルがつくれて、さらにコイルの長さも短く
作ることができるので、経済的なんですね。

それではまず巻き方から見ていきましょう。

プラスチックダンボールをこのように切り取ります。

スクリーンショット 2016-05-24 5.50.29

この真中にまず導線を通します。

スクリーンショット 2016-05-24 5.50.42

次のように回します。

スクリーンショット 2016-05-24 5.50.52

さらに回して、

スクリーンショット 2016-05-24 5.51.01

最後に中心に通して、

スクリーンショット 2016-05-24 5.51.10

上下を少し引っ張ると、きれいにまとまります。

スクリーンショット 2016-05-24 5.52.12

スクリーンショット 2016-05-24 5.52.40

そして、やすりをつかって片方はすべてはぎます。もう片方は上半分をはぎます。
根本までしっかりとはぎましょう。

スクリーンショット 2016-05-24 5.51.27

図は、グレーの部分がはいだ部分です。

クリップは次のようにまげて、

スクリーンショット 2016-05-24 5.51.15

こんな形にして乾電池にとりつけてください。

スクリーンショット 2016-05-24 5.51.21

磁石を乾電池にはりつけたら出来上がりです。

スクリーンショット 2016-05-24 5.52.28

いかがでしたか?ぜひご自宅でも作ってみてくださいね(^^)

PS 高校物理復習帳では、このクリップモーターの仕組みについて、紹介しています。また特設ページには、その他の実験も多数紹介しているので、ぜひ御覧ください。

特設ページに戻る

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・科学の動画こちらからどうぞ

・科学のネタ募集中!

科学のネタの情報の提供、ご質問、ご相談ははこちらにお願いします。
ネタの掲載にあたっては、お名前などを載せさせていただきます。
またご質問、ご相談などはお気軽におよせください(^^)

・Lineでの情報配信もはじめました
友だち追加数

・メールマガジンはじめました