注射器でボイルの法則を確かめてみよう!

LINEで送る
Pocket

今日はボイルの法則の実験についてご紹介したいと思います。
ナリカのほうで売られているものを試しに一つ買ってみました。

セット内容としては、大きな注射器、圧力計、ゴムチューブが入っていました。

注射器にゴムチューブをつけて、注射器のメモリが読みやすいところにセットしながら、圧力計をセットします。

スクリーンショット 2016-04-16 5.24.09

マニュアルでは50m3になっていたので、同じ50mlにしてみました。

スクリーンショット 2016-04-16 5.24.20

はじめの状態では、メーターはおよそ100kPaのところにあります。

この状態にして注射器を押していき、内部の圧力を高めていくと
圧力が上がり、メーターが動きます。

スクリーンショット 2016-04-16 5.24.09

気圧が100kPaのとき、110kPaのとき、など、調節をしながらそのときの体積を測定していきます。

スクリーンショット 2016-04-16 17.48.52

そしてこれをP-Vグラフにすると、、、

スクリーンショット 2016-04-16 17.37.58

となり、きれいな反比例の関係を得ることができました。
とりあえず一つ買ってみたので、授業で生徒に引っ張ってもらって、
読んで、皆で記録をとってグラフ用紙に書くという作業をやりました。

簡単に確認できるので、班で一つ欲しいなと思っています。
手作りもできそうかなと思っていて、現在どうしようか考え中です(^^)

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。

科学実験講座のお申込み

教師のための理科実験講座を開講しています。明日から使えるおてがるなものを中心に、実験を体験できる講座です。

5/19(金) C 力学① (ビースピ・iPad等)
7/21(金) C 波動① (気柱の共鳴等)
7/29(土) A 力学② (力学台車の活用)
7/29(土) B ICTの活用 (電子黒板等)