イヌワラビの胞子のうと胞子の観察(植物図鑑)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。

学校近くを散策すると、イヌワラビを発見しました。 #シダ植物 です。

イヌワラビの芽もみつけました。

ゼンマイのようですね。このイヌワラビをいろいろととってみると、胞子のうがついているものがありました。

裏面には、

このような感じです。そこで、プレパラートを作って、胞子と胞子のうの観察をしてみました。

まだはじけておらず、胞子のうに、胞子が入っている状態ですね。感動です。倍率もそんなに高くなく、ピンセットで胞子をはいで、スライドガラスにのせて、カバーガラスで軽く押して観察をしただけです。実物をみると、やはり感動しますね。

参考:

NHKforSchool

シダ植物の増え方 https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005401572_00000

胞子を投げる https://www2.nhk.or.jp/school/movie/bangumi.cgi?das_id=D0005100107_00000

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから