三溪園:京浜工業地帯に見られた分留塔やガスタンクなどについて

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。

先日、三渓園にいったときに展望台から京浜工業地帯の一部が見えました。

これがわたした撮った写真なのですが、こちらのサイトによると、

画像は引用 idemitsuより 2022/04/03

原油を分別蒸留する装置については、このような形をしているとのこと。探したのですが、こちらは見当たりませんでした。ただし、このような塔を見つけることができました。こちらは上のサイトによると、ナフサを分留する装置のようです。なるほど、ナフサはまた別なのですね。

また重油を運んできたタンカーからパイプラインをつかって重油を抜き出しているところも確認できました。

見えますか?船とパイプラインがあります。

社会の先生がきていたので、色々教えていただいたのですが、船は接岸せずに、このパイプラインでやりとりするそうです。

またコンテナを持ち上げて、運搬車等に運ぶためのクレーンがたくさん見られました。

その他にも重油を貯めるものとみられる貯蔵タンクや、

ガスを貯めるものと思われる球状のもの

などなど、いろいろと気になるものが出てきました。球状のものは、圧力の関係で球が適しているのだろうと想像がつきますが、いろいろ調べてみたいところが出てきますね。

 

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから