公園の物理!ブランコはなぜ揺れているのか?

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

子供と公園をぶらぶらとしていると、いろいろな遊具のエネルギーがあるのだなと気付かされます。
例えばこちらのブランコ。揺れていますが、この運動エネルギーがどこからくるのだろう?と思うと、また不思議ですよね。

位置エネルギーじゃないか!といえばそれまでなのですが、重力は保存力の一つです。まさに保存されているのだなということが感じられる現象です。地球の中心からバネが伸びて、ブランコにくっついているようにも感じられます。

遊具を調べるのも面白いですね。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。