職員室のイライラ一発解消!なぜExcelの書式は「下詰め」に!?

LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-06-17 21.54.48

教員の仕事では、なぜかExcelがワードのように数式を一切使わないで、
書類作成のような形で使われていることがよくあります。

はじめは強い違和感を感じたのですが、使っていると入力をしやすかったり、
引き継ぐときにわかりやすいようになっていることなど、納得する部分も多くあり、
こういった使い方もありなんだな〜と思うようになりました。

そんなExcelでの資料作りで、イライラっとするのが、文字の書式です。

Excelを使っていると、なぜかデフォルトで文字が下詰めになっていたりして、
なにか違和感を覚えることがよくあります。

スクリーンショット 2016-06-17 21.45.36

なぜこれがデフォルトなんだ!!

でも、いちいち一つずつそういったセルをみつけては
セルの書式設定をするというのは少し馬鹿らしいです。

そんなときに便利なのが、一気にセルの書式をあらかじめ変更できるようにしておくことです。
今日はそんな方法についてご紹介します。

まずExcelを開いたら、ホームを押して、書式の下にある小さな矢印を押します。
そして新規セルスタイルというものをクリックします。

スクリーンショット 2016-06-09 5.22.26

すると新規セルスタイルというものがでてきます。
ここで、配置など適当なものをおして、下の書式ボタンで「スタイル1」の設定を
一気に設定をすることができます。

スクリーンショット 2016-06-09 5.22.35

ぼくのおススメは、上詰め左揃えです。

 スクリーンショット 2016-06-09 5.22.59

こうして「スタイル1」を設定しておいて、セル全体を選択して「スタイル1」を押すと、、、

スクリーンショット 2016-06-17 21.47.57

セルが一気に希望の書式になります。

スクリーンショット 2016-06-17 21.49.13

ちょっとはじめに手間だと思っても、お気に入りの書式をセットしておくと、作業が一気に早くなり、
またストレスがたまらないので便利です。

お試しください(^^)

教員目線でのICT活用方などをセミナーなどでお伝えしています。
申し込みはこちらからどうぞ(^^)

講演実験教室・講演の開催
実験教室×ICT 実験研修等の講師、出前授業などを依頼をうけて行っています。iPadやセンサーソフトを使った実験や、自由研究にも使え...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

 

プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。

科学実験講座のお申込み

教師のための理科実験講座を開講しています。明日から使えるおてがるなものを中心に、実験を体験できる講座です。

5/19(金) C 力学① (ビースピ・iPad等)
7/21(金) C 波動① (気柱の共鳴等)
7/29(土) A 力学② (力学台車の活用)
7/29(土) B ICTの活用 (電子黒板等)