お弁当のフタで波の動きを感じよう!

スクリーンショット 2015-10-21 7.34.38

波の動きと媒質の動きの違いを生徒に伝えるのは、
とてもむずかしく、いつも頭を悩ませています。

そこで、お弁当のフタを使って立体モデルを作り、
波の動きと媒質の振動がわかる教材をつくってみました。

それがこちらです。

スクリーンショット 2015-10-21 7.36.28

お弁当の蓋を16枚重ねています。

こちらの映像を御覧ください。

青のシールを見てください。

波の動きとともに、上下に振動をしているのがわかりますね。

スクリーンショット 2015-10-21 7.35.39

スクリーンショット 2015-10-21 7.28.02

青のシールの振動が、原点の波の媒質の振動の様子を、
金色のシールの振動が、遅れて同じ振動をする様子を示しています。

いかがでしょうか。簡単に3次元の表現ができるのがいいところですね。

みなさんはどんな教材を使っていますか?
もしこんなものが!というものがあったらぜひ教えて下さいね!(^^)

ニュースレター

・ニュースレターはブログでは載せられない情報を配信しています。


 


 

 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。