(^_^;)ホースがまるでいきもの見たいになる実験(定常波)

LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2015-09-13 0.05.09

 

今回はホースを使って、定常波を起こす大型の実験装置の紹介です。
大型といっても、実験装置が大きいだけで、簡単に作れるのが特徴です。

授業を面白くするコツ、生徒に興味をもってもらうコツは、

大きくすること

が1つのポイントです。ぜひ試してみてくださいね(^^)

科学のレシピ

用意するもの:水道ホース2m(透明なものがわかりやすいが、透明でなくてもよい)、砂

たったこれだけです。水道ホースは私は東急ハンズで、3m分買ってきました。たしか500円以下のお値段。
また砂については、100円ショップで買ってきました。砂はその辺にあるものでもかまいませんが、
粒の大きさを揃えたい場合は、買ってみてください。

スクリーンショット 2015-09-13 0.26.32

手順

1 ホースを天井からつるして、適当な長さに切り、振ってみる。

スクリーンショット 2015-09-13 0.25.22

この状態だと定常波がうまくできません。

2 ホースに砂を入れて、線密度を増やす。

IMG_6566

ホースの上をビニールテープなどでとめて、砂をいれていきます。全体的に入ったら、下もビニールテープでとめましょう。

3 天井から吊るして、いろいろな振動数で振ってみる

スクリーンショット 2015-09-13 0.24.40

スクリーンショット 2015-09-13 0.24.57

砂をつめると、線密度が増えて、波の速度が遅くなるためか、
定常波が良く見えるようになります。

動画をとったので、御覧ください。

いかがでしたでしょうか。簡単にできますよね!
ぜひお試しください。

いろいろなものを詰めてみたのですが、砂が個人的にはベストでした(^^)

こういう工夫がある!など何かありましたら、ぜひ教えて下さい!

ニュースレター

・ニュースレターはブログでは載せられない情報を配信しています。


 


SNS登録はこちらから

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室を全国でひらいています。