レモンが電池に!?レモン電池をやってみました

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

レモンと銅・亜鉛で作る電池の実験を行いました。輪切りにしたレモンの上下に亜鉛板と銅板を挟んで、電子オルゴールに接続します。電子オルゴールの黒いコードを亜鉛板に、赤いコードを銅板につけると、電子オルゴールの音がなります。

生徒にとって身近な果物から音がなるというのは、教科書などで知っている生徒も多いものの面白いですよね。炭の電池と違って、こちらはまだ原理が中学校でもわかりやすいのが特徴です。家でも出来る実験かとおもいます。ぜひお試しください。

[amazonjs asin=”B00F9NVBCO” locale=”JP” title=”(株)大和科学教材研究所 金属板(10枚入)亜鉛板”]

[amazonjs asin=”B00AJHJGVS” locale=”JP” title=”光 銅 1×50×100mm CZ153″]

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから