キビキビ感とセンサーの感度!SpheroMiniとSPARK・BOLTとの違い

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

Sphero Miniは6000円くらいで買うことができ、SpheroSPARKやSpheroBOLTは1万5000円以上します。そのようなことを考えると、SpheroMiniのほうが良いかなと思いますが、実は動きがかなりことなります。

SpheroMiniの動きは、かなり劣るといって良いと思います。

実際にさわってみると、SPARKやBOLTがプログラムをしたように、キビキビと動いてくれるのに対して、miniはもっさりとした感じです。特に衝突センサなどで試してみると、その差がよくわかります。こちらはSpherominiで衝突のプログラム(同じもの)を動かしたときの様子です。

一度目の衝突では反応をしていますが、2度めの衝突ではセンサーが反応しきれていません。また衝突後の動きも、SpheroMiniの場合は動き続けているというセンサーの情報がきてしまい(おそらくシェルの中でモーターが空回りしているため)、次の動作のプログラムに移る事ができません。

miniはやはりお試しの製品という感じだと思います。ただ家庭でまず楽しむためには、その安さやプログラムどおりに動くという面、カラフルでかわいいところもありますから、Miniをぼくはおすすめします。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。