すっかり忘れてた!を防止!学校現場におけるリマインダーの活用

「ああ、すっかり忘れてた!」

教師はいろいろな仕事が雨あられのように降りかかってきます。
教師に限らず仕事というものはそんなものかとは思いますが、教師の場合は小粒な仕事(生徒へのちょっとした質問、声掛け、催促、など)がとくに多いのが特徴かもしれません。

小粒なので、忘れてもなんとかなる場合も多いのでしょうが、
忘れるたびに信頼関係が崩れていくので、やはり約束をしたことは忘れないことがとても大切です。

(そもそも約束をしない!という手もあるのかもしれませんが…)

みなさんはそういったときに、何か利用しているものはありますか?

ぼくは紙の手帳と、iPhoneのリマインダーアプリを使っています。

紙の手帳で1月の管理をおこない、リマインダーアプリで今忘れてもいいけれど、あとで絶対に思い出さなければいけないものを登録をしています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

iPhoneのリマインダーアプリははじめから入っているものなのですが、
アイコンもかっこ悪いし、なんとなく使いにくい感じがするかもしれません。

私も同じように感じていました。ところが、実際に使いはじめてみると、
はじめから入っているアプリなので、非常にリマインダーがスムーズに動作をします。

通知がくるときにどうするかの動作も、よくできていて、しっかりと時間をおぼえてリマインドをしてくれるため、毎日使うアプリとなりました。

このアプリの良いところはiCloudのWeb版からもログインをして、リマインダーを登録できることです。

5

例)web版のリマインダー

Web版で登録をしておけば、iPhoneにも同期されて、通知がくるので、学校にいるときはこのWeb版のリマインダーを常に出しておき、活用をしています。

ただ、はじめ使い始めた時にWeb上から時間指定をしたのに、
何かずれた時間に通知がくるので困っていました。

ちょうど16時間ずれてくるようなのです。なんだろう、このずれは…。

おかしいな~とおもっていろいろ見ていたら、
Web版のiCloudの設定で時間を「日本」にしなければいけないことがわかりました。

デフォルトではアメリカになっているようですね。

設定を日本にすることで、時間指定をしたときにずれることがなくなりました。

設定方法は、iCloudにいき、設定をおす

2

時間帯を選ぶ

3

カレンダーから日本を選択する

4

ここで、日本を選びましょう。

で、うまく設定ができました。

もし今後リマインダーアプリを使いたい!と思った人はお試しください(^^)

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室・実験講演・実験講習会を開催しています 実験を通してワクワク・ドキドキする体験をしてみたい、幼稚園で科学工作などで遊...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

 

 

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。