シナサワグルミの実と翼の様子

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。

5月ころ、 #シナサワグルミ の実を発見しました。この実は、松と同じように、羽がついていて回転をして落ちていきます。

一つの果実に羽が2枚ついています。熱帯雨林にあるアルソミトラとの違いは、このサイトで、以下のように述べられていました。

回転するときに羽に発生する小さな空気の渦(翼端渦)のおかげで、羽の上方の空気圧が下がり、羽を吸い上げるのです!揚力を得たカエデの種子は、風に乗って空中を長時間滞空します。

強い偏西風が吹く地域に生息する楓は、この力を大いに利用しているのです。
風のない熱帯雨林で滑降できるように適応したアルソミトラの種子とは逆に、偏西風や季節風を利用したカエデの知恵です。

おもしろい工夫が見られるのですね。勉強になります。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから