理科室の整理・整頓について

#小森栄治 先生 の講座で、実験室の作り方についての講座を受けてきました。理科室整理のコツということを話されていたそのメモから紹介します。

・10年間使っていないものは捨てる
理科台帳は、8年経ったら捨ててもOKなのだそうです。そのため10年間使っていないものは躊躇なく捨てるのが良いとのこと。

・戸棚の戸を外す
理科室の戸棚の戸は中が見えないので外しておいたほうがいいだろうというアドバイスです。本校物理室もそのアドバイスにしたがって扉を外しました。はずして確実によかったです。すぐに取り出せますし、何が入っているのかがわかるので、使いやすくなりました。

・5Sを貼っておく
5Sとは、「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」のSだそうです。その中で整理と整頓のち外は、整理はものを必要なものと不要なものにわけて捨てるのが整理で、整頓は「必要なものをわかる場所に置くこと」をいうのだそうです。覚えにくい場合は「人員整理」ということばから、整理をイメージするとよくわかるのではないか(汗)ということでした。ブラックですが覚えやすいですね。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから