うなりの可視化!イージーセンスV-Hub8でうなりが見えた!

ケン博士
みなさんはイージーセンスを使っていますか?サイエンストレーナーの桑子研です。 

今日はイージーセンスのV-Hubを使って「うなり」を観察するための方法についてみなさんにご紹介します。V-Hub8はイージーセンスの中でもタブレットを前提としたもので、ブルートゥース接続をしてデータを飛ばすことができます。

今回は音センサをつかって、うなりを可視化させてみました。こちらの動画に全てをまとめましたので、御覧ください。

いかがでしたでしょうか。

使用したものは、V-Hub8の他には、共鳴おんさ、タブレット、のみです。うなりの時間間隔もわかるのが良いところですね。実験ではあまりきれいにでなかったのですが、何回かやってみるとこのようにきれいにうなりの様子を観察することができます。

うなりの周期がおよそ70msであったので、1秒にうなりを聞く回数は1/70ms=14回というように計算することができます。デジタル音源を使うと、また違った感じのうなりの様子になります。これも面白いところですね。

5

設定等、詳しくはこちらにまとめたので御覧ください。タブレットと電子黒板をつないで授業で見せていますが、いつも盛り上がります(^^)

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。