科学館TENQでボール型ロボットSpheroの展示を体験してきました!

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

部活動で東京ドームシティ−の中にある「TENQ」という施設にいってきました。宇宙をテーマにした科学館で、一度行ったことがあったのですが、Spheroの展示があるとのことでもう一度言ってみました。

TENQは決められた時間に入ることができ、その時間になるまで待合室で待っています。待合室には、Spheroのブースもありました。

時間になって中に入ると、プロジェクションマッピングの映像の部屋と、下を見下ろして見るような映像の部屋に招待され、その後中でいろいろな宇宙に関する展示物を見ることができます。

Spheroのブースはこのようなものでした。

Spheroを時間内にあやつって、ゴールを目指すというもの。ゴールに入るとロケットが発射されてクリアとなります。これが結構難しい。

部員も挑戦したのですが、3人共うまくできませんでした。私も挑戦してみたのですが、なんとかギリギリでクリアすることができロケットが発射されました。スフィロを使ったプログラミングの体験というよりは、スフィロの操作でロボットと遊ぶというような要素の展示物です。

その他売店にはSpheroの本が売られていたり、スフィロオシの科学館となっています。宇宙を知るといっよりは、楽しむということに重きを置かれているように感じました。気軽に楽しみたい!そんな方はぜひ訪れてみてください。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。