スロープと階段どっちがお得?仕事と仕事率【オンライン授業】実験+プリントあり

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

今回のオンライン授業は、仕事率についてです。よく物を運ぶときに、階段を使ったり、スロープを使ったりすることがありますが、どちらのほうが得をしているのでしょうか?スロープのほうが一見、力が小さくて済むため、得をしているように思えるかもしれませんが、スロープを使うと、物を運ぶ距離がどうしても長くなってしまいます。登山をするにしても同様で、近道をすると急な斜面を登らざるおえませんが、普通の道だと蛇行をしていて、距離が長くなります。実は仕事という物理量でみると、どちらも同じなのです。今日はそんな仕事について見ていきたいと思います。

仕事と仕事率

仕事という物理量がなぜエネルギーのものさしになりえるのか?仕事や仕事率について学びます。

プリント

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから