水の電気分解!発生した気体に火を近づけてみると…(中学理科)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

T先生といっしょに、 #水の電気分解#H管 を使ってやってみました。このH管は水溜を使うタイプで、私ははじめて使うものです。1mol/Lの #水酸化ナトリウム 水溶液をH管に入れて、直流15Vの電圧で電気を流しました。

電気を流すと、すぐに #酸素#水素 らしき気体の発生がはじまりました。気体が発生すると、水溜めの水面が少しずつあがっていきます。H管の中の気体は、1:2になっていなかったのが気になりましたが、これは酸素が水に溶けたためでしょうか。

そして火をそれぞれ近づけてみると、そのときの様子がこちらです。

何が起こるのかが、わかってはいるものの、また驚いてしまいました。感動です。大きな装置で電気分解すると、小さな装置で行うよりも迫力があっていいですね。いろいろな注意点があるものの、楽しかったです。

T先生も動画をまとめてくれました!

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから