植物工場のレタスには赤の光をあてて育てている

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。

植物工場では、「赤い光」を使ってレタスを育てている、という映像の紹介です。

https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005403217_00000

面白いですよね。赤い光をつかうと、太陽光で育てるよりも4倍も早く育つのだそうです。不思議ですよね。なぜ赤なのか、緑は良いとしても青はあったほうがよいのか、いろいろと疑問がわきますね。

なおこちらは、実験室にある紫色の光を出す光源装置です。この光をオオカナダモにあてて光合成をおこなう実験をしています。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから