手書きができる!スタンプが押せる!学校で役立つiPadスケジュール帳

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

Planner for ipadというアプリに出会い、以後便利に使わせてもらっています。

かゆいところに手が届いた手帳です。この手帳の良いところは、Googleカレンダーと連携をしつつ、手書きで記入ができるところです。Googleカレンダーとの連携は、iOSのカレンダーをとおして行うのですが、それを取り込むと次のように表示されます。

そしてここに手書きができる!よくiPadが手元にあるのに、ペンシルがないという場合や、ペンシルが手元にあってすぐにさっと予定を書き込みたいのに、Googleカレンダーへの入力は面倒だ!ということがあると思いますが、これなら手書きでも、パソコンうちでも、どちらも吸い上げてくれるのでとっても便利。

例えば教員の仕事でいうと、定形に入ってくるものが多いので、それらはGoogleカレンダーで入れておいて、急遽入ってくるものを(生徒からの質問時間)、手書きで書いておく、などといった使い方ができます。僕の場合は、授業を手書きで(意外と移動や曜日変更などがあるため定形でいれると失敗することがある)、その他の外部業者との打ち合わせなどをGoogleカレンダーで(電話やメールなどで依頼がくるため、PCの前で打ち込めることが多い)と大まかですがなっています。

とくに重要な予定には、スタンプを押して目立たせることも紙の手帳のようにできます!

しかも立ち上げスピードがとても早いのも特徴です。デザインもシンプル。そして無料というのが信じられません。何個か手書きできるとうたわれているカレンダーアプリに手を出したのですが、これならついていけそうです。一度ためしてみてください。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。