Sphero6台一気に充電!AnkerのUSB6口を買ってみた

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

ロボット講座で複数のSpheorを同時に充電するために、AnkerのUSBハブを買いました。急速充電用のUSBの口が6個ついています。Spheroは充電に3時間くらいかかるので、急速充電のものにしてみましたが、コードの関係でうまくいくかわかりませんでした。

どの製品もそこそこの値段がしますね。日本のメーカーがあまりないのが残念で、今回は中国製のAnkerにしました。

デザインはすっきりしていてキレイです。片方を100Vのコンセントに差し込みます。

あとは分配をしてあげると、同時に6台の充電ができました。

SpheroのEDの点滅が点灯に変わると充電が終わりです(Sphero miniは青から緑に変わると終わり)。実際に充電をしてみると3時間で終わるものもあれば、3時間以上かかるものもあり、とよく原因はわかりませんでしたが、充電は無事することができました。

明後日のロボット講座で実際使って見ようと思います。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。